自由を手に入れるには事前準備が必要! - 入念に準備をして成功に備えて!

在宅の請負案件は完成品を求める成果主義

在宅でできる仕事がある業界は限られていますが、フリーで仕事しているとそういった案件を見つけやすいという特徴があります。IT業界の請負の仕事の中には常にクライアントのオフィスで作業をする必要のないものも多々あり、そういった案件を受ければ自宅で仕事をしていくことが可能です。

エンジニアの仕事はクライアントとコンタクトを取ること以外は基本的には単独でもできる作業であり、チームを組まずに仕事に取り組める規模の案件であれば在宅で成果をあげることが可能なのです。

しかし、もしより大きなプロジェクトに関わりたいとなると請負ではなく受託の案件を受けることになるでしょう。この場合にはほとんどがその企業のプロジェクトグループに参画して仕事をすることになるため、自宅に仕事を持ち帰ることができません。常にプロジェクトリーダーやマネージャーの指示を受けながら、同じエンジニアやプログラマと協力して開発に携わっていく必要があるからです。

仕事をする場所や時間にこだわりがあってフリーランサーとなるのであれば、家に持ち帰りができる請負の仕事を狙って受けていくことが重要です。ただし、チームに貢献していればプロジェクトが完遂しなかったとしても報酬がもらえる受託の仕事とは異なり、請負では完成品を作り上げなければ報酬につながることはありません。成果主義の道であるということを肝に銘じて在宅の請負案件を獲得するようにしましょう。

Leave a comment

RSS feed for comments on this post.